夢じゃない憧れのマイホーム!

マイホームを維持するために必要なこと

マイホームを維持するために必要なことは、修繕に充てる資金を貯めておくことです。
例えば新築で購入した場合は全てが新しいため、しばらくは何もせずに普通に生活することは可能です。
しかし築年数が経過すると、徐々に問題が発生してくるようになります。
具体的には屋根を見ると、雨や風に晒されているため、錆びや雨漏りが発生してしまうことがあります。
またお風呂やキッチンなどの設備が故障する可能性もあります。
このような問題が発生した時は、できるだけ早く修繕を行うことが必要になります。
しばらく放っておくとより状態が悪化してしまうことがあるからです。
ですから修繕に充てる資金を貯めておくことが大切になるのです。
マイホームを購入する場合にローンを利用しているならば、長期間の返済を行うことになります。
そんな中でもマイホーム維持のため、いざという問題が発生した際に修繕に充てられる資金を貯めておけば、安心して生活できるようになります。

マイホームを綺麗に維持するための極意

頭金を頑張ってコツコツ貯めて、やっと夢のマイホームを手に入れたと言う方も少なくないのではないでしょうか。
マイホームは新築であれ中古であれ、人生で最も高価な買い物と言われていますので、手に入れたときの喜びもひとしおだったのではないでしょうか。
しかし、せっかく頑張って手に入れたマイホームですから、綺麗な状態を保つほうが見栄えもいいですし、何よりも、住んでいて気持ちがいいものです。
これは、小まめにメンテナンスを繰り返ことで維持できるといえます。
まず、毎日でも欠かさずに行いたいことが、換気です。
特に木造住宅は、呼吸をしていると言われますので、非常に重要な事です。
これは、窓を開けるだけでもじゅうぶんなので、柱を守る意味でも、毎日欠かさずに行いたいことです。
他にも、外壁と屋根は、10年に一度くらいのリフォームが大切です。
内装と違い、外装は太陽に直接さらされ劣化スピードが早いので、それが直接的な雨漏りの原因にもなります。
水気は木造住宅の最大の敵なので、注意が必要です。

check

介護スタッフの求人を派遣で探す

2018/12/27 更新

『マイホーム 維持』 最新ツイート

@j1MF24Hff0ca4St

【読書メモ】LIFE SHIFT ◼︎七章 新しいお金の考え方 ・必要な資金の得方 →金融リテラシーをもつ →どれくらいの資金が必要なのか計算する →現状維持バイアスを利用して、貯蓄計画が破綻しないようにする →遺産、投資、マイホームなどポートフォリオを設計、整理する

4分前 - 2020年07月04日


@kazumasa_hirai

@am_naoyuki 私の田舎の地元民(同級生や先輩等)は皆揃ってマイホーム信奉者の為に持ち家ですが、転職や独立ができず、環境の変化が皆無のため、現状維持にフルコミットせざるを得なくなるという弊害があり、もれなく全員それで病んで… https://t.co/Zy5L4VEY7G

5時間前 - 2020年07月04日


@micha811kotoha

【あつ森】島の評判が星5になってから1週間が経ち、今日まで維持ができました。 あとはやっとマイホームの2階のローンを完済し地下が明日できることになりました。 またローンを払わなきゃ!

5時間前 - 2020年07月04日