夢じゃない憧れのマイホーム!

マイホームを維持するために必要なこと

マイホームを維持するために必要なことは、修繕に充てる資金を貯めておくことです。
例えば新築で購入した場合は全てが新しいため、しばらくは何もせずに普通に生活することは可能です。
しかし築年数が経過すると、徐々に問題が発生してくるようになります。
具体的には屋根を見ると、雨や風に晒されているため、錆びや雨漏りが発生してしまうことがあります。
またお風呂やキッチンなどの設備が故障する可能性もあります。
このような問題が発生した時は、できるだけ早く修繕を行うことが必要になります。
しばらく放っておくとより状態が悪化してしまうことがあるからです。
ですから修繕に充てる資金を貯めておくことが大切になるのです。
マイホームを購入する場合にローンを利用しているならば、長期間の返済を行うことになります。
そんな中でもマイホーム維持のため、いざという問題が発生した際に修繕に充てられる資金を貯めておけば、安心して生活できるようになります。

マイホームを綺麗に維持するための極意

頭金を頑張ってコツコツ貯めて、やっと夢のマイホームを手に入れたと言う方も少なくないのではないでしょうか。
マイホームは新築であれ中古であれ、人生で最も高価な買い物と言われていますので、手に入れたときの喜びもひとしおだったのではないでしょうか。
しかし、せっかく頑張って手に入れたマイホームですから、綺麗な状態を保つほうが見栄えもいいですし、何よりも、住んでいて気持ちがいいものです。
これは、小まめにメンテナンスを繰り返ことで維持できるといえます。
まず、毎日でも欠かさずに行いたいことが、換気です。
特に木造住宅は、呼吸をしていると言われますので、非常に重要な事です。
これは、窓を開けるだけでもじゅうぶんなので、柱を守る意味でも、毎日欠かさずに行いたいことです。
他にも、外壁と屋根は、10年に一度くらいのリフォームが大切です。
内装と違い、外装は太陽に直接さらされ劣化スピードが早いので、それが直接的な雨漏りの原因にもなります。
水気は木造住宅の最大の敵なので、注意が必要です。

check

2018/12/27 更新

『マイホーム 維持』 最新ツイート

@panpan_huku_

家賃13万円の家賃+管理費修繕費を60年間払い続けてた場合、家賃だけで一億円近く払うことになる。 マイホームの購入費5000万円+修繕費•税金•保険料等の30年間の維持費約1200万円で60年間で約7500万円。 全然マイホームでも良いと感じる。

21時間前 - 2021年09月23日


@_kumachev

@danchi_LOVE 昔から「夢のマイホーム」とかいうけど、一軒家は維持管理がめちゃくちゃめんどくさいよ。 庭の草むしりもそうだけど固定資産税もあるし、近隣に変なのが引っ越してきても建てちゃった手前逃げようがない。

23時間前 - 2021年09月23日


@inokuchikiso

建設業界に限って言えば、コスト重視の現状を維持するなら河野さんで、夢の完全国産化を目指すなら高市さん…と勝手に分析してみる。 個人的にはいけるとこまで金融緩和を続けて低金利を維持し、マイホーム需要を具現化できる社会を推進してくださるリーダーを希望してます。

2日前 - 2021年09月22日